下松トピックス社は生活からローカルの歴史・文化の情報提供をおこなっています。

「今日は何の日」周南をサブカルチャーで、まちづくり

 地方都市徳山の祭典“萌えサミット 嵐で開催が危ぶまれた10月8日、実行委員会は前夜から準備に駆けずり回った。翌朝10時 晴天 萌えるようなサミット晴れ!暑さの中でオープニングバンドでスタート。17時まで徳山駅は400人以上のコスプレ隊が町を練り歩く。老いも若きも年は関係なく変身!いやらしい化粧もなくメイクは控えめにそれなりにコスプレイヤーに、はまって楽しんでいた。老人もコスプレイヤーになって、今の自分自身に拍手しているように見えた。話された言葉は、自身とユーモアのセンスと遊び心、冒険心は希望という電車に乗って身をゆだねた姿に、心から拍手を送った。

1回目から応援団として祭りに参加。それぞれプログラムに感心し、うんうん、いいねを連発!毎度コスプレイヤーがゆとりがあるねと感じられ嬉しかったし楽しんだ。これも参加することに意味があって「また、逢おうね」が合言葉とか?ずっとずっと忘れない出会いが会って、友が出来て、徳山駅スタートして、パスポートかって、みなみ銀座、銀座通り、中央街、一番街、銀南街と人と人の歓声に酔いしれた。萌えサミットのコスプレイヤーで駅前を塗り変えた力は実行委員会の皆様に感謝。町の声では「徳山が生き返っていますよ」と商店の人は話された。これからも萌えサミットの伝説は出来る。

アニメ好きな女性の話を聞くと、始めは段ボールを重ねた隅で着替えをしていた。キラキラしたものを自分なりに追求しコスプレーヤーに変身、若いっていいね。そしてすぐにライブの支度に戻ってメンバーに加わり、主役スター気分。萌えサミットの風に乗って闊歩する。素敵じゃない。駅ビル2Fのスペースでは、トークショーやステージのパフォーマンスなど色々見て、参加。体験することは大切な人生のプログラムと思う。楽しいのだから奪われることはない。

徳山を明るくするバーチャルレポーター、インサイドちゃんの生放送も大好評。約4時間のトークショーは、古川登志夫、山田全自動、山元準一、岩本浩氏じかに触れて楽しみましたね。駅ビル2Fのバルコニーから下を見ると後片付けの人達の姿、達成感で一杯!!「お疲れさま」「ありがとう」「エヴァンゲリオン」一つの大きなキャンバスの世界に酔いしれた日。「素敵だね」とシャッターを切ったら、コスプレイヤーの顏は嬉しくてたまらない最高の微笑みでした。

コスプレ大会が幕を閉じると1万人の盛り上がりに余韻が残りました。また、逢いましょうね。

マダムJunko

 

下松トピックスは下松市に関する各種イベントや下松市の歴史などさまざまな興味深い情報を発信してます。紙面でご愛読くださっていた方々も、 これからもよろしくお願いします。

© Kudamatsu Topics And Konomachi Inc. All rights reserved.

【所在地】
〒744-0008
山口県下松市新川2丁目14−24
電話: 0833-44-5870