下松トピックス社は生活からローカルの歴史・文化の情報提供をおこなっています。

  • 高速船で30分、竹生島港

パワースポットシリーズ 竹生島

北びわ湖の沖6kmに浮かぶ神秘の島、周囲2kmの竹生島。古くは謡曲「竹生島」“緑樹影沈んで魚木にのぼる風情”、月も日も波間に浮かぶ心地にて、と詠われ、狂言「竹生島詣」など数々の音曲に神秘とロマンが秘められている。

船着場から165の石段を上がると西国三十番の観音霊場である厳金山、宝厳寺(ホウゴンジ)

当山は神亀元年(724)聖武天皇が天照皇大神から「江州湖中に小島あり、弁才天降臨の聖地なり、堂塔伽藍を建立して祭供すれば、国家泰平五穀豊熟万民利益多からん云々」の御神託を受け、勅使を僧行基のもとに遣わし詔を下して、この島に堂塔を開基せしめられたものである。

しばしば当時の天皇の行事があり、また伝教大使、弘法大使、慈覚大使も来島したと伝え残されており、本尊の大弁才天は厳島、江の島とならぶ”日本三弁才天”のひとつである。

当日朝8時徳山駅、米原経由で、11時長浜駅着、駅前の北国街道を横切り、大手門通り浜京極、曳山(ひきやま)博物館通り、大通寺表参道通り、黒壁ガラス館を見て秀吉の長浜城を見学、長浜港から竹生島へ、帰りは湖西の近江今津港へ、竹生島には宿がないので観光客は15時55分の最終便で全員島を出なければならない。

徳山駅-(3時間)―米原経由長浜 →(船で30分)―竹生島 →(船で30分)―近江今津 →(35分)―京都 →(2時間)―徳山

島での滞在時間は2時間あれば十分です。

今治

1

2

高速船で30分、竹生島港

高速船で30分、竹生島港

拝所から琵琶湖に向かう鳥居へかわらけを投げ、鳥居の間を通ると願いが叶うと言われている

拝所から琵琶湖に向かう鳥居へかわらけを投げ、鳥居の間を通ると願いが叶うと言われている

近江今津港

近江今津港

2015082406

2015082407

2015082408

2015082409

2015082410

© Kudamatsu Topics And Konomachi Inc. All rights reserved.

【所在地】
〒744-0008
山口県下松市新川2丁目14−24
電話: 0833-44-5870