下松トピックス社は生活からローカルの歴史・文化の情報提供をおこなっています。

  • 渇水時

下松にはダムが三つある・・・「大谷ダム」

大谷ダム 外壁

大谷ダム 外壁

下松では、温見ダム、末武川ダムが良く知られている。下松市民のほとんどの人はこれらを知っているが、「大谷ダム」について知っている人は意外と少ない。この「大谷ダム」がどのような経緯で作られたのか?

95年前(大正8年)、久原房之助により当時の下松町(現在の下松市)の海岸線周辺を買収し、一大工業地帯(製鉄所・製造所)を作る動きをした。しかし、不景気のあおりを受け、事業はとん挫し、鮎川義介氏や小平浪平氏(日立の創始者)にバトンを渡した。久原氏は、おわびに下松工業高校を寄附して下松を去った。下松の基礎となった大谷ダムは昭和13年に造られたが、下松のダムでは一番古く、産業遺産でもある。現在の所有者は日立、ダムは現在は使われていない。

安全と安心の為にも、大谷ダム周辺を整備し、市民に目を向けてもらおうとの動きが有識者の中で起こっている。
大谷ダムに通ずる道の草刈りや整備を行ない、ダムと周辺を管理し、将来的には記念樹や花畑、ギネスブックに出るほどの長いスベリ台、ハイキングコース、ダムの水を調節し香力蓮を植え花の観賞と蓮の収穫、と夢と思いは広がる。

立地的に大谷ダム地域は、下松市中心より近く下松のハイキング・花畑・公園等で市民の憩いの場になれる要素は充分にある。市民の動きに市の協力を願って、夢を現実にするのに今動き出したばかり。初めは少人数の活動だが、いかに皆さんに賛同をもらい力を結集することができるか、下松パワーを期待したい。夢は現実の第一歩。百里の道も一歩から。

満水時

満水時

渇水時

渇水時

T.T

© Kudamatsu Topics And Konomachi Inc. All rights reserved.

【所在地】
〒744-0008
山口県下松市新川2丁目14−24
電話: 0833-44-5870