下松トピックス社は生活からローカルの歴史・文化の情報提供をおこなっています。

切山(キリヤマ)歌舞伎

 切山八幡宮にて昨年に続き公演。約260年前この地、切山で歌舞伎が切山八幡宮に奉納され現在まで続いている。この切山歌舞伎が昨年に続き公演され、今年は境内に200人が集った。保存会の年令も中学生から71歳の約30人、「以前より人数も増え、公演も続けられる態勢が出来た」と初代世話人の大木 輝彦氏(71)が語っていた。切山歌舞伎は山口県指定無形民俗文化財に指定されている。維持し継続する事は並大抵ではない。切山歌舞伎は、切山地区の人達の心の故郷と、誇りが感じられる。保存会と後援会が車の両輪となり、いつまでも伝統ある切山歌舞伎を守り続けてもらいたい。

※切山歌舞伎保存会(保存会会長 大木 望、後援会長 梅田 幸子)

 切山歌舞伎 主な出来事

  • 1757年 初奉納 
  • 戦時中 中断 
  • 1952年 保存会 結成 
  • 1968年 県の指定無形民俗文化財 
  • 2014年、2015年 定期公演 復活

坪郷

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

© Kudamatsu Topics And Konomachi Inc. All rights reserved.

【所在地】
〒744-0008
山口県下松市新川2丁目14−24
電話: 0833-44-5870