下松トピックス社は生活からローカルの歴史・文化の情報提供をおこなっています。

地方史研究発表会 ①詩人「磯村英樹」

下松市地方史研究会の31年度総会と発表会が4月7日、サルビアホールで行われ、150名が出席した。

発表する田村さん

『下松市が生んだ文学者、詩人の磯村英樹』

若い頃は花岡東中村(現望町一丁目)に住んでおり、下松小学校、下松工業学校を卒業し日本石油の下松製油所に勤務していた。

磯村は軍隊経験があり、反戦詩人でもあって「絶望克服と正統詩の確立」を旗印に「駱駝(らくだ)」を立ち上げ、人間解放の始原性を追求する詩を書き続けた。

  • 昭和27年 詩集「天の花屑」を刊行
  • 昭和38年 「したたる太陽」で室生犀星賞を受賞
  • 昭和54年 日本現代詩人会理事長に就任
  • 昭和57年 「ギリシャの夏」を出版
  • 平成22年 享年88歳 生涯15冊の詩集を残した。

☆『さらでだに さびしきものを さよしぐれ』
『思ふこと 唯一すじに 秋の風』
『青田道 母走りくる 帰還かな』

今冶

下松トピックスは下松市に関する各種イベントや下松市の歴史などさまざまな興味深い情報を発信してます。紙面でご愛読くださっていた方々も、 これからもよろしくお願いします。

© Kudamatsu Topics And Konomachi Inc. All rights reserved.

【所在地】
〒744-0008
山口県下松市新川2丁目14−24
電話: 0833-44-5870