下松トピックス社は生活からローカルの歴史・文化の情報提供をおこなっています。

天王森古墳が文化財指定となる

 平成29年12月19日付で下松市指定第15号として、天王森古墳史跡記念物をして指定された。

 一基(905.22㎡)

 所在地:下松市桜町3丁目239番地

 所有者:東洋鋼鈑㈱

天王森(テンノーノモリ)古墳は西豊井字天王にある前方後円墳で、かつては東光寺東古墳と呼ばれていた。

 末武平野の東側の北山、標高(166m)の先端部に立地し末武平野、笠戸湾を望み南西200mには天王森西古墳がある。

 全長45m後円部径25m前方幅25m後円部高さ 5m前方部高さ 4.5m、墳丘の形状などの特徴から6世紀代前半と推定される。

 下松市から周南市にかけての地域はかつて「都怒つぬ」と呼ばれ「先代旧事本紀」巻十「国造本紀」にみえる「都怒国造」の支配する地域で首長たちの墓の一つと考えられる。

今治

© Kudamatsu Topics And Konomachi Inc. All rights reserved.

【所在地】
〒744-0008
山口県下松市新川2丁目14−24
電話: 0833-44-5870