HOME > 取材&トピックス > 敬老会の季節

敬老会の季節

人生100年、夢じゃない!

日本全国で100才以上は7万人を超えました。山口県でも1600人。

令和になって下松市の老人会もシニアクラブに名称を変更し、何となく気分が違ったように感じられてきました。

敬老の日(9月16日)下松市旗岡地区では、77才以上の120名が参加した敬老祝賀会が開かれました。

●下松署安全課長の振り込み詐欺の実状

●地区防災士から災害時での対応

●旗岡協議会長から地区内の現状報告

●祝辞挨拶として 市長、市議長、市社会福祉協議会長

子供会によるダンスや、よさこいの後は、皆で弁当を食べながらカラオケを楽しんだ。

持帰りのお土産はカステラだった。

今治

市長もアトラクションが終わるまで ご苦労様でした

市長から長寿記念品が渡された

地元の防災士から老人の防災対策の話

地区社協長から老人の心得

子供会による“よさこいダンス”

コメントは受け付けていません。