下松トピックス社は生活からローカルの歴史・文化の情報提供をおこなっています。

濁れる水の流れつつ澄む 山頭火

 妙見宮鷲頭寺(下松市中市1-10-15)のため池前に山頭火の句碑が建立された。1月7日に除幕式があり、下松市にまた一つ名所が生まれた。

 この句碑は、田村悌夫氏(下松地方史研究会会長)が妙見宮鷲頭寺檀信徒会の賛同を得て建立したもの。山頭火は昭和8年10月8日、室積の普賢祭りの帰途、妙見宮鷲頭寺に立ち寄り、ため池の亀を見たとされている(『行乞記』)。

 「濁れる水の流れつつ澄む」は、昭和15年に自らの人生を振り返り松山で詠んだ句であり、山頭火の人生を象徴する味わい深い一句である。

種田山頭火(1882~1940)は、防府市出身の自由律俳句の俳人で山口県内には130基の句碑がある。

昔からある亀池

昔からある亀池

 

きれいになった亀池

きれいになった亀池

30匹の亀がいる

30匹の亀がいる

高さ1.6m、幅0.6mの御影石

高さ1.6m、幅0.6mの御影石

当日は大黒市も開かれていた

当日は大黒市も開かれていた

山頭火句碑建立の除幕式

山頭火句碑建立の除幕式

下松トピックスは下松市に関する各種イベントや下松市の歴史などさまざまな興味深い情報を発信してます。紙面でご愛読くださっていた方々も、 これからもよろしくお願いします。

© Kudamatsu Topics And Konomachi Inc. All rights reserved.

【所在地】
〒744-0008
山口県下松市新川2丁目14−24
電話: 0833-44-5870