HOME > 取材&トピックス > 笠戸島「レモン」苗木の植え付け

笠戸島「レモン」苗木の植え付け

下松市の地形や気候を活かした「地産地消」及び「地域の活性化」を推進していくため、今年も笠戸島特産品開発グループ(代表 守田秀昭)の会員28名が2年生のレモン苗木20木の植え付けを3月13日に行った。

レモンの品種名はリスボンで、植樹して3年すると実が生える。肥料や剪定により七年以上になると一本の木から300個ぐらい実をつける。

食べごろは、11月~3月までのが出荷され笠戸島の深浦地区を中心に本浦、尾郷、小深浦と島全体にレモンの木がある。

  • 平成24年度(平成25年3月)に始まり、今年で8回目
  • 昨年度までに、約150本の植え付け
  • 平成27年度初収穫、平成29年度青いレモン初収穫
    収穫量の推移
    H27:1,400個、H28:2,000個、H29/30:7,000個、令和元:8,000個
  • 平成30年度:レモンせんべい販売
  • 令和元年度;レモンサイダー(340ml、税込250円)を3月13日(金)から販売開始(ゆめタウン下松 海の広場、東北うまいもん祭り会場)
  • 苗木購入経費は、下松市農業改良普及協議会が支援

今治

深浦の海が見える放棄田んぼに植える

深浦の海が見える放棄田んぼに植える

7年生の木

7年生の木

大きなレモン

大きなレモン

レモン畑の横の山桜 今年は3月13日に満開

レモン畑の横の山桜 今年は3月13日に満開

2年もの苗木1本1,000~1,500円 間隔を3mぐらいあけて植える

2年もの苗木1本1,000~1,500円 間隔を3mぐらいあけて植える

島には石垣の段々畑が多くある

島には石垣の段々畑が多くある

1本の木から300個とれる

1本の木から300個とれる

コメントは受け付けていません。