HOME > 取材&トピックス > 防災士会

防災士会

 下松市防災士会の令和最初の例会が6月3日(18時~21時)ほしらんどの交流室において、事業報告や活動スケジュール等、今年度の打合せが行われた。

会長挨拶
 山口県知事より助成金交付金が決まったので、会員のスキルアップと新しく市内の防災士資格者を増やしたい。(今治 正明)

報告事項

 ① 災害時における要支援者の支援について(牧野 和央)

 ② 日本防災士会 山口県支部総会の報告(橋本 光正)

 ③ きらめき活動助成事業について(浅本 輝明)

県からの助成事業については下松市防災士会のメンバーが主体となり、市内の自主防災組織、一般市民、及び小中学生を対象にしたDIGHVG事業を運営する。

年会費は、一人¥1,000とする。

最後に近況報告などフリートークが行われた。

今治

コメントは受け付けていません。