下松トピックス社は生活からローカルの歴史・文化の情報提供をおこなっています。

防災研修会

・自然災害は必ずいつか起こる
・その時どうするか、答えはそなえよ常に

災害のメカニズムと地元を知ろう、と気象予報士の坂本京子さんを講師として「下松市防災士会(今治会長ほか12名)」主催の講習会が9月23日秋分の日に下松市スターピア3Fホールで行われた。

これは山口県きらら財団の助成金と下松市教育委員会、並びに下松市自治会連合会の後援もあり、主にDIG(地元のハザードマップ作製)を参加者全員が行い、市内各地区の自主防災会と自治会長など60名が参加した。

下松市の防災備蓄はペットボトル20,000本、毛布1,400枚、アルファ米15,000食。市民57,000人でこれだけ。予算が200万円だから。自然災害は一自治会だけではどうにもならない。当面は地元で何とかしなければならない。日本列島は今、地震が起きやすくなっており、活火山は111カ所、世界の20%が日本で起きている。下松市内に断層が2本通っている。停電で一番困るのは冷蔵庫、次にTVが使えないこと。当日17号台風が接近しており、笠戸湾には35隻の大型船が避難停泊していた。

人が見える水平線までの距離は4.5km(地球は丸いから)等の話もあった。

今治

今治会長と気象予報士の坂本京子さん

今治会長と気象予報士の坂本京子さん

牧野副会長と浅本事務局長も忙しい

牧野副会長と浅本事務局長も忙しい

下松市防災士のみなさん

下松市防災士のみなさん

各グループで作ったマップの発表

各グループで作ったマップの発表

楽しそうに発表

楽しそうに発表

皆さん熱心にやっている

皆さん熱心にやっている

防災士の指導でハザードマップを作る

防災士の指導でハザードマップを作る

6人で一グループ。問題がどんどん出る。

6人で一グループ。問題がどんどん出る。

坂本講師の説明

坂本講師の説明

2時間30分では足りないくらい

2時間30分では足りないくらい

 

下松トピックスは下松市に関する各種イベントや下松市の歴史などさまざまな興味深い情報を発信してます。紙面でご愛読くださっていた方々も、 これからもよろしくお願いします。

© Kudamatsu Topics And Konomachi Inc. All rights reserved.

【所在地】
〒744-0008
山口県下松市新川2丁目14−24
電話: 0833-44-5870